サクセス・ベル株式会社 -心理検査・学力検査・適性検査・箱庭療法・コミュニケーションツール等の販売-

吃音検査法 第2版 解説・検査図版

 解説  検査 図版

著者

小澤恵美 原由紀 鈴木夏枝
森山晴之 大橋由紀江 餅田亜希子

坂田善政 酒井奈緒美

 

適用年齢

幼児~成人

 

採点方法

自己採点

 

サイズ

B5判変形

 

 

 幼児版

 学童版 中学生以上版

特徴

2016年9月発売!

吃音検査法 第2版 解説
第2版より検査図版と解説が別売りとなった。
再構成とともに記録の記載例、CD-ROM(スピーチサンプル)に加えDVD(症状サンプル)を付加した。
第2版での主な修正点は以下のとおりです。
①「 吃音症状および非流暢性の分類」の再構成。

② 重症度プロフィールの再構成。

③ 記録まとめと記録用紙の一部修正と記載例の付加。

④初版と同じスピーチサンプルのCD-ROMに加え、第2版の「吃音症状および非流暢性の分類」に準じた症状サンプルのDVDを作成、付録とした。

 

吃音検査 第2版 検査図版

幼児版・学童版・中学生以上版の3種の検査図版(初版からの変更なし)をセット。

第2版から解説が別売りとなった。

 

 吃音検査 第2版 解説 目次
第2版の刊行に際して
初版まえがき
図表一覧

I 吃音検査法
1 吃音検査法の開発経過
 (1)〈試案1〉の作成
 (2)改訂版の作成
 (3)吃音検査法 第2版の作成
2 吃音検査法の概要
 (1)検査の枠組み
 (2)分析

II 検査項目一覧
 幼児版
 学童版
 中学生以上版

III 手引き
 1 実施
 2 適応年齢
 3 実施手順
 (1)幼児版  
 (2)学童版  
 (3)中学生以上版 
4 記録

IV 資料
1 吃音検査法の非吃音児者への実施と非流暢性の分析結果
 (1)目的
 (2)方法
 (3)結果
2 〈試案1〉の吃音児者、非吃音児者への実施と非流暢性の分析結果
 (1)目的
 (2)方法
 (3)結果
3 吃音検査法〈試案1〉から、吃音検査法へ改訂までの過程
 (1)〈試案1〉の吃音症状分類
 (2)吃音症状分類の改訂
 (3)〈 試案 1〉と吃音検査法の吃音中核症状頻度ならびに総非流暢性頻度の比較検討

V 付録
 吃音検査法総合評価用紙
 総合評価用紙補足説明
 吃音検査法 症状サンプル(DVD)・スピーチサンプル(CD─ROM)記載例

 参考文献

VI 記録用紙と記録まとめ
 幼児版    記録まとめ
        記録用紙
 学童版    低学年用 記録まとめ
        低学年用 記録用紙
        高学年用 記録まとめ
        高学年用 記録用紙
 中学生以上版 記録まとめ
        記録用紙

VII 記録と記録まとめ記載例
 幼児版
 学童版
 中学生以上版

 吃音検査法 症状サンプル(DVD)・スピーチサンプル(CD-ROM)についてのお願い
 著者紹介

 

価格

検査名 : 吃音検査 第2版 解説・検査図版

吃音検査法 第2版 解説

商品コード

080-018

税込価格

5,400円

解説書1冊
CD-ROM、DVD 各1枚

吃音検査法 第2版 検査図版

商品コード

080-019

税込価格

15,120円

幼児版、学童版、中学生以上版の検査図版 各1セット

※初版からの変更はありません。

 

 

関連書籍
特別支援教育における 吃音・流暢性障害のある子どもの理解と支援

最新の知見を織り交ぜながら包括的に吃音を評価、指導、支援する方法について具体的に詳述してあります。

 

吃音の基礎と臨床

感情や態度へアプローチする吃音緩和法と流暢な話し方を追求する流暢性形成法の両方を活かした支援法を解説しています。

 

どうして声が出ないの?

「なぜ声が出ないのか、どうすればよいのか」を具体的にわかりやすくマンガで説明してあります。適切な対応の手引書になります。

 

エビデンスに基づいた 吃音支援入門

医学者としての冷徹な目と吃音体験者としての熱い思いが絡み合った「吃音ドクター」による吃音支援の入門書です。

 

学齢期吃音の指導・支援 ICFに基づいた評価プログラム

多様な問題を抱える吃音がある子どもたちに対する指導・支援方法を解説しています。支援計画立案を学校でできるプログラムです。

 

特別支援教育における 構音障害のある子どもの理解と支援

構音の状態と発達に合わせた指導目標の立て方から指導のポイントまで、正しい構音に導くためのさまざまなアプローチを紹介しています。

 


関連検査

LCスケール 増補版 言語・コミュニケーション発達スケール

乳幼児の言語コミュニケーション発達を基盤にしてつくられた検査法です。発達に遅れのある人の言語発達支援プログラムの立案に役立ちます。

 

LCSA  言語・コミュニケーション発達スケール 学齢版

「文や文章の聴覚的理解」「語彙や定型句の知識」「発話表現」「柔軟性」「リテラシー」といった領域の課題から支援の方向性を示す評価法です。

 

 


関連カテゴリ 言語関係検査 発達関係検査