サクセス・ベル株式会社 -心理検査・学力検査・適性検査・箱庭療法・コミュニケーションツール等の販売-

LCスケール 増補版 言語・コミュニケーション発達スケール

著者(初版時)

大判潔  

林安紀子

橋本創一

池田一成

菅野敦

 

適用年齢

0~6歳

 

採点方法

自己採点

特徴

0~6歳の乳幼児の言語コミュニケーション発達を基盤にしてつくられた検査法。語彙、文法、語操作、対人的なやりとり(コミュニケーション)などに関して精査し、LC 年齢(言語コミュニケーション年齢)とLC 指数(言語コミュニケーション指数)、下位領域である「言語表出」、「言語理解」、「コミュニケーション」のそれぞれにおけるLC 年齢・LC 指数を求めることができます。発達に遅れのある人の言語発達支援プログラムの立案に役立ちます。

*増補版では、支援目標設定に役立つ、発達をプロフィール化するのための「領域別まとめシート」を加え、絵図版も改善を施しました。
*課題内容や手続き、標準化データの変更はありません。

実施する際に準備するもの

当検査には、解説書絵図版がはいっております。それ以外に以下のものを準備する必要があります。

①記録用紙(解説の巻末をコピーして使用してください。)
②ストップウォッチ

③物品(以下の16種類)

1)クマのぬいぐるみ

2)鈴、もしくは音のでる遊具、楽器

3)スプーン

4)コップ

5)立方体の積み木(6個)

6)ままごとのお皿(または小さめの実物の皿)

7)ボール

8)白黒の碁石(または色の異なる2種類のボタン・おはじき)各10個

9)碁石を入れるふた付きの箱

  (10㎝四方、深さ5㎝程度。ふたにも碁石・ボタンが10個入る深さがあること。)

  ※ふたの部分を切り取ったティッシュペーパーの箱2つを用いても構わない

10)ミニカー

11)小さめの人形(5~10㎝くらいの大きさ)

12)クマ以外のぬいぐるみ1個(ウサギ、ライオン、キリンなど)

13)赤い立方体の積み木(1辺3㎝くらい)

14)黄色い直方体の積み木(3×3×8㎝くらい)

15)15㎝四方くらいの箱

16)A4版の厚めの紙(ケント紙またはボール紙)

◎上記準備物が一式揃ったセットも取り扱っております。

 LCスケール 増補版 言語・コミュニケーション発達スケールセット

 

商品コード

161-001

 

セット内容

① LCスケール増補版

② 検査に必要な道具一式

③ 解説CD-ROM

④ 記録用紙

 

価格

LCスケール 増補版
言語・コミュニケーション発達スケール

商品コード
080-002

税込価格

5,184円

■セット内容■

解説  1冊

絵図版 1冊

LCスケール 増補版
言語・コミュニケーション発達スケールセット
 

商品コード
161-001

税込価格

25,000円

■セット内容■

 LCスケール増補版

 検査に必要な道具一式

 解説CD-ROM

 記録用紙

 

 


関連検査

LCSA 学齢版 言語・コミュニケーション発達スケール
 「文や文章の聴覚的理解」、「語彙や定型句の知識」、「発話表現」、「柔軟性」、「リテラシー」といった領域の課題を設け、このうちどのような側面に子どもは困難をもっているのかを明らかにし、支援の方向性を示す評価法です。
吃音検査法

吃音問題の核となるもののひとつ、発話の流れにおけるつかえ(発話の非流暢性)と、つかえに対する話し手の反応を、観察可能な範囲で「吃音症状および非流暢性の分類」として提示しました。また、資料として、吃音検査法<試案1>や、改訂作業の段階で採取した吃音児者および、非吃音児者の発話サンプルから、非流暢性の頻度と種類を提示しています。

 

言語・コミュニケーション発達の理解と支援プログラム 

LCスケールによる評価から支援へ

言語・コミュニケーションの典型的な発達の道筋を解説し、ことばの遅れが目立つ子ども、知的発達に遅れや自閉症のある子どもなどについて、評価から支援の目標の定め方までを解説しています。

 


関連カテゴリ 言語関係検査 発達関係検査