サクセス・ベル株式会社 -心理検査・学力検査・適性検査・箱庭療法・コミュニケーションツール等の販売-

MEPA-R ムーブメント教育・療育プログラムアセスメント

※画像提供:日本文化科学社 

検査名

MEPA-R ムーブメント教育・療育プログラムアセスメント

Movement Education and Therapy Program Assessment-Revised

 

著者

小林芳文(横浜国立大学教授)

(国際ムーヴメント教育・療法学術研究センター 協力)

 

適用範囲

0カ月~72カ月

 

所要時間 

40分

 

特徴

  • 子どもの発達を、運動・感覚(姿勢、移動、技巧)、言語(受容言語、表出言語)、社会性(対人関係)の3分野6領域にわたりチェックし、それぞれの指導方針を示します。
  • 動きづくり、感覚運動統合、身体意識能力、知覚運動、精神運動などの発達を狙いとする教育や養護・訓練等に役立つようにくまれています

 

MEPA-R (MEPAの改訂版) とは 

 

  • 基本となる構成と内容はMEPA(1985年版)と変わらない。
  • ムーブメント教育・療法を進める上で必要なアセスメント項目を増やし、プロフィール作成において「運動・感覚、言語、社会性(情緒を含む)」の分野が同じ並びになるように、そのステージ内の項目数を合わせた。
  • 全ての項目の評定に、できる(+)、できない(-)、のみならず可能性としての芽生え反応としての(±)を入れた。

 

価格

手引

商品コード

 001-125

税込価格

 2,160円

 

記録用紙
(30名分)

商品コード

 001-126

税込価格

 11,880円

 

サンプルセット

商品コード

 001-128

税込価格

 4,140円

■セット内容■

用紙 5部

手引 1冊

 

関連商品

MEPA-ⅡR 重症児(者)・重度重複障がい児のムーブメント教育・療法プログラムアセスメント
約20年前から活用されている『MEPA』を、時代に合うように、活用しやすいように、改善したのが『MEPA-IIR』です。

 

関連書籍 

※画像提供:日本文化科学社

MEPA-R活用事例集-保育・療育・特別支援教育に生かすムーブメント教育・療法-

MEPA-R(アセスメント)を支援と実践に連携させ活用するための事例集です。

 

※画像提供:日本文化科学社

ムーブメント教育・療法による発達支援ステップガイド -MEPA-R実践プログラム-

 「MEPA-Rムーブメント教育・療法プログラムアセスメント」に基づくムーブメント教育・療法実践のための発達プログラムガイドブックです。

※画像提供:日本文化科学社

フロスティッグのムーブメント教育・療法 理論と実際

ムーブメント教育・療法の考え方だけでなく、発達を豊かなものにする運動(ムーブメント)の技能を授け、創造的なムーブメントに導く「実際的なプログラム」をも示す基本図書。

 

 


関連カテゴリ 発達関係検査