サクセス・ベル株式会社 -心理検査・学力検査・適性検査・箱庭療法・コミュニケーションツール等の販売-

年度内納品ご対応致します。お気軽にお問合せください。

購入申請、予算申請などの御見積、こちらより承ります。お気軽にお問合せください。

CAB 認知能力伸長検査

CAB 認知能力伸長検査

検査名

CAB 認知能力伸長検査

Cognitive Ability Booster

 

著者

筑波大学名誉教授 杉原 一昭

 

日本版開発

・実地用カード(テスト編)

・積木(赤・青・黄色)3色, (立方体・円柱)2種

合計60個

・はめ板

・CAB手引

・収納箱

 

適用年齢

5歳~高齢者

 

対象 5歳~高齢者まで

A:目と手の協応能力(手先の器用さと集中力)

 

B:パターン認知力(積木の色や形を模倣する力)

 

C:記憶力(積木の位置や色を集中して覚える力)

 

D:移動変換力(積木が鏡に映った時の状態を予想する力)

 

E:心的回転力(はめ板を回転させたときの状態を予想する力)

 

特徴

  • 使い方がとても簡単なので、幼児から高齢者まで利用できます。 

 

  • 高齢者で急激に衰えるといわれる「流動性認知能力」を刺激し、認知症を予防します。

 

  • テストの結果を年齢ごとの基準に照らして、自分の能力レベルを知ることが出来ます。

 

  • ゲーム感覚で楽しく認知能力を鍛えることができ、能力の伸びを実感出来ます。

 

  • 木製のはめ板と積木を使って、手先の器用さと集中力を伸ばします。

 

応用

  • 認知能力には「流動性認知能力」と「結晶性認知能力」の2種類あります。

 

  • 学校での学習や日常のいろいろな経験によって身に付く能力や、計算・算数問題などの「数」に関わる学習によって収得された能力がその代表的なものです。

 

  • 経験によって徐々に固まっていくので「結晶性」と呼ばれます。

 

  • それに対し、学習経験によって蓄積された能力ではなく、その場でとっさに判断しなければならないときに使う能力が、「流動性知能」です。

 

  • 今までに身につけた知識や常識によって答えを導くのではなく、その場で与えられた情報だけで考えたり、判断したりするので「流動性」と呼ばれています。

 

  • 「結晶性知能」は、いったん身に付くと急激に消えることはなく、年をとってもあまり衰えません。しかし、「流動性知能」は、ある年齢を過ぎると急激に衰えることがあります。

 

  • CAB(キャブ)のCАは認知能力(Cognitive Ability)の略で、Bは膨らますもの・伸ばすものという意味のBoosterの頭文字です。CАBは「流動性知能」を鍛えるために開発されました。

 

価格

検査名 : CAB 認知能力伸長検査

検査セット

商品コード

 017-230

税込価格

 19,440円

 ■セット内容■

カード 、積み木
立方体 、円柱
はめ板 、手引

 

 

関連商品 

 

 

 


関連カテゴリ  老人精神機能測定・リハビリ関係検査