サクセス・ベル株式会社 -心理検査・学力検査・適性検査・箱庭療法・コミュニケーションツール等の販売-

CLAS 大学生活不安尺度 College Life Anxiety Scale

CAS 不安診断検査

 

編者

藤井義久

 

適用年齢

 18歳以上

 

所要時間

10分~15分程度

 

採点方法

自己採点、コンピューター採点 

 大学生活における不適応度の高い学生を発見し、学生支援や大学改革に役立てる心理アセスメント

入学から卒業まで、個々の学生の大学への適応状態を把握できます。不適応を起こしていると思われる学生を早期に発見し、指導やカウンセリングを行う事で、休学や留年、中退といった就学上の問題を未然に防ぐ事を目的とします。また受験者全体の結果を大学改革などへの指標として役立てる事ができます。

特徴

①大規模なデータ調査により確固たる統計基盤を持っている、学生生活に焦点をあてた不安検査です。
②学生個人に質問紙(30問)に答えてもらうことで、現在、学生生活にどのような不安をもっているのか、タイプ判定をします。
③検査の実施方法は、用途(臨床場面や学校場面)に応じて、自己採点方式とコンピュータ採点方式の2種類が選べます。
④本検査の実施に関しては実施の手引として『CLAS マニュアル』(別売)があるので、どなたでも安心して実施できます。

検査の構成と尺度

具体的にCLASとはどのような検査なのか

CLASは、学生生活の不安を計る質問紙(30問)に「はい」「いいえ」で全問回答することで、以下に示す3つの不安尺度のうちどの不安を高くもっているかを測定し、個人がもっている不安のタイプを判定します。

①大学の日常生活に知あする不安感(「日常生活不安」尺度)

②大学における単位や試験に対する不安感(「評価不安」尺度)

③「不登校」や「中退」といった就学上の問題を生じさせる大学不適応感(「大学不適応」尺度)

また、コンピュータ採点では、受験者全体やグループの結果も判定します。


実施方式

どんな方式で実施できるのか

CLASは、活用場面・用途に応じて、2つの方式から選べます。自己採点方式は受験者本人がその場で採点し、検査用紙に同封の「結果の見方」を用いて結果判定しますので、その場でフィードバックが可能です。コンピュータ採点方式は、記入済みのマーク式用紙を採点し、受験者の個人結果(タイプ判定およびコメント)と受験者全体の結果(大学のタイプ判定およびコメント)を判定します。

活用方法 

臨床場面における活用 
・学生相談室やカウンセリングルームに何らかの問題で相談に来た学生のアセスメントツールとして。
・カウンセラー自身が今まで行ってきたカウンセリングの効果を検証し、今後のカウンセリングの方針を改めて検討し直す際に。
・カウンセリング場面において、自分自身を振り返り、無意識の意識化を図る際に。
・SDSやTEGといった他の心理検査を併用することにより、大学不適応の原因及び支援のあり方がより明確になります。
学校場面における活用
・問題を抱えている学生の早期発見、早期対応に。
・個々の学生生活に対する不安状況の変化を、学年を追って見ていくことが可能であり、大学不適応傾向を示す学生の早期発見、早期対応に。
・大学において現在行っているオリエンテーションや教育方法の効果検証及び改善に。
・大学において現在深刻な問題となっている留年、休学、中退の未然防止に。

価格

検査名 : CLAS 大学生活不安尺度

検査用紙(10名分)

(複写式・自己採点用)

商品コード

002-342

税込価格

2,700円

CAS 不安診断検査
検査用紙と結果の見方が各10名分入っています。

マニュアル

商品コード

002-343

税込価格

2,160円

CAS 不安診断検査
当検査の概要、実施方法、結果の解釈活用法・事例などが載っています。(自己採点、コンピュータ採点のどちらを採用しても1冊は必要です。)

マーク式用紙(20名分)
(コンピューター採点用)

商品コード

002-344

税込価格

4,320円

コンピューター採点料 (1名)

商品コード

002-345

税込価格

324円

 詳細はお問い合わせください。

 

学生相談室関係者の方へ

次の心理検査を併用することで、学生様の大学不適応の原因及び支援のあり方がより明確になります。

新版TEG II 東大式エゴグラム Ver.II SDS うつ性自己評価尺度
   

 


関連カテゴリ  不安・ストレス関係検査   学校用検査>大学・短大・専門学校用検査