サクセス・ベル株式会社 -心理検査・学力検査・適性検査・箱庭療法・コミュニケーションツール等の販売-

年度内納品ご対応致します。お気軽にお問合せください。

購入申請、予算申請などの御見積、こちらより承ります。お気軽にお問合せください。
>
書籍一覧
>
ADHD 注意欠陥/多動障害の子への治療と介入

ADHD 注意欠陥/多動障害の子への治療と介入

C.キース・コナーズ  ジュリエット L. ジェット 著

佐々木和義 訳

 

価格

3,024円

 

商品コード

002-178

 

サイズ

B5版 120頁

概要
定評あるCompact Clinicalsのシリーズ日本語版。
ADHD(注意欠陥/多動性障害)の子どもに対する,家庭と学校での認知行動的な介入を解説。幼児から成人までを視野に入れた,対応策の概要とポイントを述べた基本書。
目次
Capter1: ADHD(注意欠陥/多動性障害)の概要
ADHD(注意欠陥/多動性障害)とは?
ADHDについて,わかっていることとわかっていないこと
ADHDの共通点
ADHDの子どもは“成長後,ADHDでなくなるか?”
 思春期のADHD
 成人期のADHD


Capter2: ADHDの診断とアセスメント
ADHDと診断する最新のDSM-Ⅳ基準は何か?
 ADHDのDSM‐Ⅳ基準
 付加的診断情報
ADHDの典型的な特徴は何か?
 乳幼児期のADHDの姿
 幼児期のADHDの姿
 児童期のADHDの姿(6~12歳)
 思春期のADHDの姿
 成人期のADHDの姿
ADHDを診断するためには,どんなアセスメント法が使われるだろうか?
 面接(経歴,病歴,生育歴)
 観察法
 標準化されたアセスメント尺度
 介入結果のアセスメント
他の障害とADHDの違いは何?


Capter3: ADHDに対する薬物療法
中枢神経興奮剤とは何か? ADHDを治療するためにどのように用いるか?
 中枢神経興奮剤の薬物作用
 薬物量反応と有効時間
 どんな標的行動が中枢神経興奮剤の影響を最も受けるか?
 さまざまな標的行動の評価
ADHD治療として中枢神経興奮剤はどのように安全か?
 副作用
 同意
 禁忌
他のタイプの薬物療法には何があるか?
 中枢神経興奮剤ではない薬
 他の薬物
ADHDの成人を治療するために,薬をどのように使うか?
ADHDに対する薬物療法の効果はどうか?


Capter4: ADHDに対する心理的介入
どうして薬だけでは不十分なのか?
 社会適応
 否定的な行動と思考
 学業スキルの欠陥
 親/家族ストレスの低減
ADHDを治療する認知行動的アプローチとは?
 ADHDへの行動的介入
 ADHDへの認知的介入
 認知行動的アプローチを用いた介入法
 ADHDに対する他の伝統的アプローチはどうか?
ADHDの成人にはどんな介入が用いられるか?
 ADHDを理解すること
 対処法を検討すること
 対人関係を改善すること
 行動管理の原理を用いること
 認知的方法を用いること
 リラクセーション法を用いること
 ADHD治療において心理療法をいかに効果的に行うか?


付録A:アセスメント測定
 構造化面接法
 構造化観察法
 行動評定尺度
 神経心理学的検査
 治療的介入の効果を計るためにすすめられる検査


付録B:ADHDと他の障害との区別
 不安障害
 双極性障害
 境界性人格障害
 行為障害/反抗挑戦性障害/反社会性人格障害
 気分変調と抑うつ
 軽躁病
 学習障害(LD)
 注意,活動水準,あるいは順序立てにおける健常範囲での逸脱
 心的外傷後ストレス障害(PTSD)
 遺伝性障害


付録C:推薦図書

文献
用語解説
索引

 


関連カテゴリ LD・AD/HD