サクセス・ベル株式会社 -心理検査・学力検査・適性検査・箱庭療法・コミュニケーションツール等の販売-

絵画療法「風景構成法」への誘い [4] -たましいの原風景-

商品名

「風景構成法」への誘い[4]

-たましいの原風景-

 

税込価格

32,914円

 

商品コード

033-019

 

備考

カラーDVD 22分(解説書付)

※在庫残り僅かです。ご購入のご希望、ご検討中の方は弊社までお問い合わせください。

内容

1) 「風景構成法」への誘い(山中先生の解説)
2) カウンセリングの実際:
a.少年期の男子 b.幼年期の女子 c.青年期の男子
3) 完成した3人の描画の解説
4) 10のアイテムの象徴と意味
5) 「風景構成法」で描かれた『作例』の紹介と解説
6) 「風景構成法」の今後の展開(山中先生の解説)

   

 

「風景構成法」とは、1969年 中井久夫先生の創案になる極めて優れた心理療法の技法であり、かつ、精神診断・心理テストの技法でもある。
本法が着想されたのは、ユング派の心理療法として、河合隼雄先生が箱庭療法をスイスから導入された際に、統合失調症の患者さんが「枠があるのにさらに柵を置く」という経験を語られたとき、3次元を2次元空間におろした際、用紙の端に「枠どりをする」という守りの枠の抽象化と、「川・山・田・道・家・木・人・花・動物・石」という10のアイテムを順にのべて「風景を構成する」という形で実現したのであった。この方法は、当初、統合失調症の患者さんのような「守りの薄い人たち」に箱庭を導入するにあたっての予備テストとしてはじめたが、そのうち、独自の意味と力が見出され、今日では広く心理療法の一環の中で用いられるようになってきているのである。

さて、本ビデオでは、1984年および1996年に「風景構成法」及び「風景構成法 -その後の発展-」として本法の論文集を編んだ筆者が更により広く、真の理解の深まりを求めて、かつ、人間の心の内景と自然の風景との深い関わりの中に、人間の原風景のイメージを求めて、映像化することにより、本法の真の普及を願って制作したものである。
この技法は至って簡単であるがゆえに、心理療法ないし心理テストの一環として安易に用いられることのないことを心することである。どの方法においても言えることであるが、安直な理解や安易な施行は却ってクライエントの患者さんの心に傷をつけてしまうことにもなる。心のケアやセラピーに関わる人びとは、原法の深い理解と慎重な施行に心がけ、その意味でも日本の原風景を徹底的に追求し、本法の本質に迫ろうとした本企画によって、敬虔な心構えを培っていだだけるものと確信している。

 

 


関連カテゴリ  絵画療法ビデオシリーズ一覧