サクセス・ベル株式会社 -心理検査・学力検査・適性検査・箱庭療法・コミュニケーションツール等の販売-

>
書籍一覧
>
エッセンシャルズ心理アセスメントレポートの書き方

エッセンシャルズ 心理アセスメントレポートの書き方

 

※画像提供:日本文化科学社

エリザベス・O・リヒテンバーガー

ナンシー・マザー

ネイディーン・L・カウフマン 著

上野一彦 染木史緒 監訳

 

発行元

日本文化科学社

 

価格

3,672円(税込)

 

商品コード

001-213

 

サイズ

A5判286頁

 

 

 

概要

 

よい心理アセスメントレポートは,検査によって得られた結果,背景情報,行動観察などの情報をもとに子どもの状態を説明し,今後の指針を分かりやすく示すものでなくてはならない。本書は,心理アセスメントレポートの書き方を簡潔で分かりやすく説明する。心理アセスメントレポートを書く初心者,臨床心理学を学ぶ学生や大学院生,そして,アセスメントレポートを読んで理解する必要のある専門家向けの入門書である。 

 

目次

 

第1章 はじめに
心理アセスメントレポートの目的
受検者とその問題に注目する
レポートの一貫性とまとまり

第2章 レポートを書く技術
レポートの枠組み
文章の構成
その他の事項
レポートを書く前後に気をつけたいこと

第3章 相談内容と背景情報
表題と個人情報
相談内容(主訴)
背景情報

第4章 行動観察
検査中の観察
行動観察を客観的に行うためのツール
行動観察の書き方
検査場面以外の場における観察
市販されている観察システム

第5章 検査結果と解釈
まとめ方の原則
結果の一貫性
解釈と得点の記述

第6章 診断(見立て)と要約
診断と見立て
要約

第7章 指針
一般原則
追加の指針
結論

第8章 レポートの作成に関する特別な事項
フィードバック
コンピュータの活用
アセスメントにおける倫理基準
守秘義務

第9章 ケースレポート事例
ケースレポート例1:認知・教育的評価
ケースレポート例2:心理アセスメント
ケースレポート例3:心理・教育的レポート
ケースレポート例4:心理・教育的評価

 

 


関連カテゴリ  心理検査関連著書