サクセス・ベル株式会社 -心理検査・学力検査・適性検査・箱庭療法・コミュニケーションツール等の販売-

年度内納品ご対応致します。お気軽にお問合せください。

購入申請、予算申請などの御見積、こちらより承ります。お気軽にお問合せください。

改訂版 随意運動発達検査

 /asset/00057/site_shared/kobetu/detail/nowprinting.gif

検査名

改訂版 随意運動発達検査

 

監修

田中美郷(帝京大学教授)

 

検査対象

2歳0ヶ月~6歳11ヶ月の幼児

 

検査時間

20~30分

 

特徴

  • 運動パターンを幼児に模倣させる手続きにより、随意運動の発達特徴を診断することができます。
  • 高次運動機能の発達に視点をおいた一種の神経心理学的検査です。
  • 言語障害児、発達障害児の神経心理学的診断に携わる専門化向きの検査ですが、健常児の発達についての理解を深める上でも役立ちます。

 

実施方法

 

  • 検査者がいくつかの運動パターンを提示し、幼児に模倣させる。
  • 幼児の反応を課題ごとに達成基準に照らし合わせ、達成されたか否かを判定する。
  • 解説用VTRが用意され、提示方法ならびに判定方法が示される。

 

測定領域

 

  1. 手指
  2. 顔面・口腔
  3. 躯幹・上下肢

 

<測定内容>

・手指・顔面・口腔・躯幹・上下肢の各領域について、意図的に身体部位を操作する運動機能の発達状態を調べます。

・課題ごとに健常児の90%が通過する基準年齢が示されているので、課題の可否によって、健常発達からの逸脱傾向がつかめる。

・検査結果は、領域別に記入でき、領域間差の検討が可能。

 

価格

検査名:改訂版 随意運動発達検査

総合セット

商品コード

 043-007

税込価格

 32,400円

■セット内容■

手引1部
解説用DVD1巻
検査用紙(10部) 

検査用紙(10部)

商品コード

 043-008

税込価格

 1,620円

 
手引

商品コード

 043-009

税込価格

 2,160円

 

 

 


関連カテゴリ 発達関係検査