サクセス・ベル株式会社 -心理検査・学力検査・適性検査・箱庭療法・コミュニケーションツール等の販売-

年度内納品ご対応致します。お気軽にお問合せください。

購入申請、予算申請などの御見積、こちらより承ります。お気軽にお問合せください。

STAI 状態・特性不安検査 (Form X) State-Trait Anxiety Inventory

原著者

C.D.Spielberger

 

日本版作成

水口公信 下仲順子 中里克治

 

質問項目

40項目

(「状態不安」20項目、「特性不安」20項目)

 

所用時間

実施時 10分

整理時間 2分

 

適用年齢

中学生以上

 

採点方法

自己採点

 

診療報酬点数

区分 D285-1

点数 80点

特徴

状態不安(特定の場面で一過性に感じられる不安)と特性不安(状況要因に影響されず長期的に感じている不安)を測定できます。
●状態不安と特性不安の得点の相関係数は低く、各々が不安障害の異なる側面を測定できていると言えます。
●質問項目は状態・特性不安、各20項目の計40項目、4段階のうちで最も当てはまるものを選ぶ自己評価尺度です。
●陽性項目と陰性項目(得点が逆転する項目)がランダムに配列されています。結果を予測して回答するのは困難です。
●男性571名、女性663名によって日本標準化され、信頼性と妥当性について十分に検討されています。
●世界40カ国語に翻訳され、心理学、精神医学、内科、心療内科、外科など3000を超す文献があります。不安障害は様々な病気・症状と関連しているので、その他の臨床現場においても幅広く活用されています。
●記入方法と必要な事項を回答用紙にまとめてあり、患者さんが診察の順番を待つ間に記入していただけます。
●回答用紙には配点に関する情報が無いので、被検者が結果を気にせずありのままを回答することが期待できます。
●検者が回答用紙の両面に記入した回答が、自動的に1枚の記録用紙に転記されます。実施者は回答用紙と記録用紙の接着をはがして、記録用紙上で採点を行います。
●記録用紙には配点に関してわかりやすく示してあります。陽性項目・陰性項目の採点も確実に行えます。
●付属の使用手引(2012年改訂)には,臨床面でSTAIを利用した資料を多数収録しています。
(喘息・アトピー性皮膚炎・炎症性腸疾患・摂食障害・めまい・突発性難聴・帯状疱疹・歯科治療など)
 

価格

検査名 : STAI(FormX) 状態・特性不安検査

用紙(50部)

商品コード

 003-049

税込価格

 7,560円

使用手引1部

 


関連商品

新版STAI状態・特性不安検査

MAS不安検査


 


関連カテゴリ  不安・ストレス関係検査