サクセス・ベル株式会社 -心理検査・学力検査・適性検査・箱庭療法・コミュニケーションツール等の販売-

※ 弊社では、平常通り受注・迅速発送を行っております。 ※

Szondi Test (ソンディテスト)

出版元:千葉テストセンター

検査名

Szondi Test (ソンディテスト)

 

所要時間

実施:5~20分

採点:20分

 

適用年齢

6歳~

 

採点方法

自己採点 

 

診療報酬点数

区分 D284-2

点数 280点

 

特徴

  • ソンディ・テストは、ハンガリー出身の精神科医であったレオポルド・ソンディにより考案された投映法心理検査です。

 

  • 8枚の写真の内から、好きな写真を2枚選ぶ、嫌いな写真を2枚選ぶ、比較的嫌いな写真を2枚選ぶ、を繰り返して行う検査です。

 

  • 本テストは、10回法が基本ですが、たとえ1回法でもその時のクライエントの深層心理の理解と把握は充分に可能です。

 

  • テストの実施と採点は簡単です。心理テストの初心者でも熟練者でも技量は問われません。解釈についてはある程度の訓練は必要ですが、解釈の基本的な点をおさえれば、深層心理の理解と力動把握は可能です。

 

  • 所要時間は5~20分(健常者)と短時間で、結果の整理も20分程度で行えます。

 

  • 川村学園女子大学大学院教授 松原由枝先生のご協力により、日本版マニュアルの発刊に至りました。日本版マニュアルと工夫の施された検査用紙により簡便にテストの実施と判定を行っていただけます。

 

活用方法

本テストは、精神疾患や心身症の病型診断や犯罪者の鑑別診断に大変有効です。また、現在は一般的なカウンセリングへ導入され、教育、産業、人間関係、精神衛生、自己探求などの様々な問題の解決に活用されています。

 

先述のとおり、本テストは、10回法が基本ですがこれにこだわらず、1回法や3回法、5回法などの用い方が可能です。また、実施と採点が簡単にできるため、カウンセラーとクライエントの双方への負担が軽く、限られた面接場面に導入しやすいものです。診断結果はすぐにクライエントにフィードバックでき、気づきを促し治療に活用することができる優れたテストと言えます。

 

価格

検査名:Szondi Test (ソンディテスト)

一式セット

商品コード

 015-065

税込価格

 41,800円

■セット内容■

スイス図版

図版掲示用台紙(2枚)

マニュアル

実施法手引

テストシート(30名分)

プロフィール表(5名分)

収納ケース

スイス図版

商品コード

 015-066

税込価格

 22,660円

人の上半身を印刷した48枚の図版です。

サイズ:100mm×80mm

図版提示用台紙(2枚)

商品コード

 015-067

税込価格

 2,200円

 

マニュアル

商品コード

 015-068

税込価格

 7,040円

 
実施法手引

商品コード

 015-069

税込価格

 880円

 

テストシート(30名分)

商品コード

 015-070

税込価格

 6,600円

複写式の用紙で、クライアントが「好き」「嫌い」と選択した顔写真を記入。
プロフィール表(5名分)

商品コード

 015-071

税込価格

 1,100円

テストシートの内容をプロフィール化するための用紙でA3判2つ折りです。
収納ケース

商品コード

 015-072

税込価格

 2,860円

 

 


関連書籍

 構音訓練のためのドリルブック 改訂第2版

出版元:千葉テストセンター

ソンディ・テスト解釈支援のための事例集

商品コード

015-097

税込価格

13,200円

ソンディ・テスト研究所公認分析家による事例紹介!
テスト結果の整理・解釈をサポートするソフトウェア付き!

著 者  :松原 由枝

■ソンディ・テストの理解にお役立ていただける6つの事例を収録

 ・テスト結果の丁寧な解釈を通してクライエントの心理的力動に迫る過程を詳述しています。

■テスト結果の整理からテスト反応の解釈までをサポートするソフトウェアを付録

 ・素点を入力するだけでプロフィール結果を自動生成します。

 ・反応型にあわせた解釈文例が生成されるので、初学者の方にも安心してご利用いただけます。

 ・蓄積した1回法データを用いて10回法における各種指標も算出できます。

まえがき

 本書はソンディ・テストを学びたいがなかなかその機会に恵まれない方々や、テスト結果と臨床像の対応などをもっと身近なものとして理解したいという方々に提供しようとするものです。また、初の試みとして、テスト結果の整理からテスト反応の解釈までをサポートするソフトウェアを考案しました。是非皆様のソンディ・テストのご理解に役立たせていただければと思います。

 ソンディ・テストを含む投映法は当て物ではありません。当たるか当たらないかではなく、テストの結果をどれほどにクライエントの益にすることができるかが最も重要ではないでしょうか。クライエントの臨床像・現状とテスト結果がいかに一致しているのか。クライエントのプラス面をどのようにサポートしていくことができるのか。クライエントにテスト結果をどんな風に伝えてわかってもらえばよいのか。クライエントのこれからの生き方にテスト結果をどのように活かせるのか。これらを思うとテスターの責任は重大です。

 クライエントの心と対面する業務である臨床心理士や公認心理師にとり、事例の理解は命と言えます。本書の事例の中の様々なクライエント達が私達に教え伝えてくださったものを読者の皆様にも啓蒙させて頂けたら幸いです。末筆ながら事例の開示について快諾頂きましたクライエントの皆様に心から御礼申し上げます。

2019年 松原由枝

 

もくじ

第1章 ソンディ・テストとは
  1.ソンディの運命心理学 
  2.ソンディ・テストの特色と独自性 

第2章 ソンディ・テストの解釈・分析の基礎
  1.結果の整理 
  2.分析の基礎 
  3.分析方法 
 
第3章 事例研究
  事例1「二人の女子大生の互いの友人選択における衝動要因について」 
  事例2「憂うつ感と過食傾向を訴えた女子大生」 
  事例3「自己分析から始まり人生観の確認へ至った事例」 
  事例4「性別違和(性同一性障害)」 
  事例5「アルコール依存症」 
  事例6「ソンディ・テストとコラージュ療法の相乗効果」 

第4章 付録 初期解釈支援システムについて

初期解釈支援システムの使用の流れ(1回法)

 1、被検者情報を入力します。

●実施日、氏名、生年月日、性別、職業、主訴、家族構成などを入力します。

 2、回答結果を入力します。

●被検者の選択結果に基づいて、好きな顔、嫌いな顔、比較的嫌いな顔を入力します。

 3、プロフィールを表示します。

●前景像と背景像のプロフィールを表示します。

 4、解釈例の提示と解釈文の入力

●各ベクターの反応型にあわせた解釈例が提示されます。
●解釈例を参考に被検者の背景情報等をふまえて解釈文、総合所見を入力します。

 5、回答結果と解釈文を出力します。

●回答結果、プロフィール、解釈文、総合所見を記した結果シートが出力できます。A4用紙サイズにまとめられているので、印刷して保存するのに便利です。

初期解釈支援システムの動作環境

■初期解釈支援システムは、Microsoft Windowsが動作するパソコンでMicrosoft Excelがインストールされている環境で動作します。本システムの動作を保証する環境は、以下の通りです。

【OS】
 ●WindowsXP・WindowsVista・Windows7(以上32bit)
 ●Windows8.1・Windows10(以上64bit)

【アプリケーション】
 ●Microsoft Excel 2013 ●Microsoft Excel 2016

■ご利用いただく際は、CD-ROMドライブやDVD-ROMドライブなどの光学ドライブが必要です。

■サポート期限が終了したOSをご利用の際は、使用者様の判断と責任においてご使用ください。

 


関連カテゴリ 性格・人格検査