サクセス・ベル株式会社 -心理検査・学力検査・適性検査・箱庭療法・コミュニケーションツール等の販売-

年度内納品ご対応致します。お気軽にお問合せください。

購入申請、予算申請などの御見積、こちらより承ります。お気軽にお問合せください。

OSI 職業ストレス検査(第2版)

OSI 職業ストレス検査(第2版)

検査名

OSI 職業ストレス検査(第2版)

 

原著者

・Samuel H.Osipow,Ph.D

・Arnold R.Spokane,Ph.D

 

著者

・岡山大学教授 田中宏二

・筑波大学教授 渡辺三枝子

 

対象

企業・事務所、医療機関等

 

被験者(実施対象)

就労中の方(本人)

18歳以上の男女で職業に就いている全ての方に適用可能。

 

所要時間

20~30分

 

実施・採点

個人でも、集団でも実施可能
回答用紙と複写式になっている採点用紙に集計し、結果の見方・対処の仕方(自己診断用紙)に採点結果を整理して行う。(自己採点)

 

※今回の改訂内容として、自己診断用紙が、検査結果から自己診断が可能なワークシートとなっております。質問内容に関して、大幅な変更はされておりません。

手引
OSI 職業ストレス検査(第2版)
質問用紙
OSI 職業ストレス検査(第2版)

結果の見方・対処の仕方

(自己診断用紙)

労働安全衛生法が改正され(平成26年6月25日公布)、平成27年12月1日より施行されました。これにより、ストレスチェックと面接指導等が事業者に義務づけられることになりました(従業員50人未満の事業場は当分の間努力義務)。
このストレスチェック制度は、定期的に労働者のストレスの状況について検査を行い、本人にその結果を通知して自らのストレスの状況について気付きを促し、個人のメンタルヘルス不調のリスクを低減させるとともに、検査結果を集団的に分析し、職場環境の改善につなげるためのものです。
OSI職業ストレス検査は、ストレスチェック制度に定められたストレスチェックの実施にご利用いただけます。

改正労働安全衛生法ストレスチェック制度におけるOSIのご利用

特徴

働く人々のストレスをチェックしその対処法を見つける。
  • 職業に就いているすべての方に適用できる汎用的な職業ストレス検査であり、標準化された検査です。
  • キャリアカウンセリングの立場から作成され、個人の精神的健康の維持・増進への援助を目指した検査です。
  • 職業ストレス源の認知→ストレス反応→ストレス源・ストレス反応への対処という、一連のストレス連鎖を包括的に測定する総合的なストレス検査です。
  • 個人で簡単に自己診断をすることができます。
  • 職場集団・組織単位による風土評価にも使用でき、職場環境の改善に役立ちます。
OSI は、米国のカウンセリング心理学者Osipow,S.H(オハイオ州立大学教授)とSpokane,A.R.(レーハイ大学教授)両博士によって開発された職業ストレス検査(Occupation Stress Inventory:OSI)を原版としていますが、単なる翻訳版ではありません。
岡山大学 田中宏二教授と 筑波大学 渡辺三枝子教授が、日本人のさまざまな職業に就いている職業人への適応について研究を重ね、日本版として新たに開発したものです。

OSIの問題構成

A検査 : 職業役割検査(Occupational Roles Questionaire:OQR)(60問)

B検査 : ストレス反応検査(Personal Strain Questionaire:PSQ)(40問)

C検査 : ストレス対処検査(Personal Resources Questionaire:PRQ)(40問)

 OSIの利用方法

キャリアカウンセリング
個人がより充実した職業生活を送るために、自分と職業の関係を振り返り、将来の進路やキャリア形成を考えるカウンセリングに役立つ。

教育・研修プログラム
企業内研修や自己啓発研修などの場で、心理的健康度をチェックするために、自分のストレス状態やストレス対処法を自己診断し、さらに、望ましいストレス対処法を身につけるための資料とすることができる。

問題の早期発見
ストレスの問題を早期に発見することで、本人に自覚をさせ、病気や不適応が進行する前に、ストレスと取り組むように援助する手段として利用できる。

治療
心理治療やカウンセリングを受けている人に対して、治療の過程で本検査を実施することにより、本人の職場や仕事への取り組み方を指導することに利用できる。

個人のために利用する方法

組織・職場風土の評価
組織や職場自体が強いストレス状況におかれている場合、組織の評価を行うことにより、要因管理の改善、職務課業の再設計などの対応策に寄与する。

企業内研修プログラム
個人のストレス対処法の教育・研修を企業として実施した場合、その教育・研修効果を集団単位で測定し、研修プログラムづくりに役立てることができる。

定期的な健康診断
定期健康診断に併用して、精神面の健康診断として利用できる。

組織・職場の評価のために利用する方法

この検査でわかること

A検査
仕事や職場で 個人が感じるストレス原因、その頻度や強さ等を測定します。(職場役割検査)
(例)
ノルマがきつい 仕事の達成感が得られない 責任の範囲がはっきりしない
B検査
仕事や職場で ストレスに対する個人の対人的・心理的・身体的なストレス反応の強さなどを測定します。(ストレス反応検査)
(例)
仕事がうまくいかない ちょっとした事でイライラする 疲れ気味・脱力感がひどい 他人との付き合いがおっくう
C検査
職場・家庭・個人生活において遭遇するいろいろな問題に対して、ストレスを軽くするための対処法(生活態度・健康管理など)を測定します。
(例)
余暇の過ごし方が上手なほうか?
自己の健康管理がうまくいっているか?(食事・睡眠・運動など)
相談や手助けをしてくれる人がいるか?
合理的に問題対処できるか?

Web版

受検者はパソコンがあればどこでも実施でき、結果が即座に本人にフィードバックされます。自分のストレス状況を客観的に把握でき、実施後は「あなたにできるストレス対処法」を参考に自らストレスへの対応に取り組むことができます。個人の匿名性が保証されるため、受検者の率直な回答が促されます。

企業様(管理者)は、自社の受検者全体および性別、年齢層、所属部署ごとの最新の集計結果が得られ、職場単位でストレス状況が評価できますので、職場環境の改善、メンタルヘルス対策に役立てることができます。Web版の内容は「OSI 職業ストレス検査」と同じものです。

【OSI職業ストレス検査 Web版】お申込みはこちらからできます。

価格

検査名:OSI 職業ストレス検査(第2版)

用紙セット

商品コード

 013-301

税込価格

 756円

■セット内容■

質問用紙 
回答・採点用紙
結果の見方・対処の仕方

各1部で1名分です。

左の価格は1名様分のものです。

手引

商品コード

 013-311

税込価格

 1,080円

A4判 43ページ

用紙採点される方用の手引です。

Web版手引とお間違えなきようお願いいたします。

サンプルセット

(用紙5部・手引)

商品コード

 013-471

税込価格

 4,860円

※ 初回お試し用・導入検討用としてサンプルセットをご用意しました。

Web版 診断料(1名分)

商品コード

 013-057

税込価格

 972円

【OSI職業ストレス検査 Web版】

お申込みはこちらからできます。

Web版 診断オプション

商品コード

 013-058

税込価格

 5,400円

全受験者の属性別全国平均を表示いたします。
Web版 手引

商品コード

 013-059

税込価格

 1,080円

Web診断用の手引書です。

用紙採点ようの手引書とお間違えなきようお願いいたします。

 

 


関連カテゴリ  不安・ストレス関係検査  企業用/健康調査・メンタルヘルス関係検査